陶工房 陽炎

陶芸を始めたきっかけ

陶工房 陽炎

自分の大切な家族に自分で作った器に料理を盛って楽しく食事をしてもらえたら良いなとの思いからです。

たまたまその機会に恵まれ、どんどんはまっていってしまいました。それが自分の窯を持ちたいという思いになり結果、工房を持つ事になりました。

子どもの頃から絵を描いたり工夫したりする事が好きだったように思います。それが年月を経て今に至ってきたのでしょうね。

萩焼のしおり

萩焼は今から約400年前、高麗国より帰化した陶工により創始されました。

古来「一楽二萩三唐津」と称されその風流な妙味と優雅さは愛用しているうちに上釉の亀裂を通じて肌合いが次第に変化し萩の七化けと珍重されています。

萩焼はその性質上、水漏れする場合がありますが、しばらくご使用になりますと茶渋等が染み込み色に変化が出るとともに水漏れも止まります。